お問い合わせ

お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-24-8334  
メール:murano@taip.jp

すまい給付金


 

『すまい給付金について』

消費増税後に住宅を取得した者に対し、収入に応じ税率 8%時に最大30万円、税率10%時に最大50万円を現金 で給付。

◆主な要件

① 消費税率8%または10%を負担して住宅を取得したこと (リフォームは対象外) 
② 年収が510万円(消費税率8%時)以下(目安)であること 
③ 住宅を取得した方が自ら居住すること (賃貸住宅は対象外) 
④ 床面積が50㎡以上であること 
⑤ 第3者による検査(住宅瑕疵担保責任保険への加入 or 建設住宅性能評価の利用 など) を受けていること
<現金取得者の場合(追加要件)> 
⑥ 年齢が50歳以上であること 
⑦ (新築の場合) フラット35Sに相当する性能(断熱性能等級4以上 or 耐震等級2以上 など)を満たすこと

<補助金等との併用>
○ 住宅ローン減税や、省エネ住宅ポイント制度等、他の補助制度と併用できます。 ※それぞれ別途申請が必要です。

 

◆実施期間

すまい給付金制度は、消費税率の引上げられる平成26年4月以降に引渡された住宅から、税制面での特例が措置される平成33年12月までに引渡され入居が完了した住宅を対象に実施しています。

(国土交通省紹介パンフレット クリックで拡大)

img_pamphlet

 

◆申請方法

申請方法は住宅取得者(持分保有者)がそれぞれ行わなければなりません。例えば、一つの住宅に居住する不動産登記上の持分保有者が複数名いる場合はそれぞれが申請します。

申請は、取得した住宅に居住した後に、給付申請書に必要書類を添付して申請します。申請はすまい給付金申請窓口へ持参か、すまい給付金事務局への郵送で行います。

◆給付額

給付額は表の給付基礎額x持分割合で計算されます

給付基礎額(消費税8%時)
収入額の目安 都道府県民税の所得割額 給付基礎額
425万円以下 6.89万円以下 30万円
425万円超475万円以下 6.89万円超8.39万円以下 20万円
475万円超510万円以下 8.39万円超9.38万円以下 10万円

 


このページは国土交通省の資料をもとに作成しています